· 

数の暴力。仙台=山形間の高速バス本数が多すぎて鉄道がズタボロな件

 仙台は東北地方唯一の政令指定都市で、東北地方の中心都市と言えます。仙台市の隣には山形県山形市があり、鉄道でも1時間強の所要時間で到着することが出来ます。

 

 しかし、この仙台と山形を結ぶ「仙山線」が高速バスに淘汰されてズタボロになってしまっているという現実をご存知でしょうか…

 

 サムネイル画像はこちらより抜粋しました。

 

 

 

このブログは↑ブログに関連したものです。

 

 

このブログをアップした数日前には仙山線で倒木による長時間運休がありました。ホットの話題だと思い2022年公開予定としていたこの記事を今アップします。

 

 

 


まるで近鉄とJR東海の世界。値段と数の暴力で圧倒される仙山線。

 近鉄が、JR関西本線を圧倒しているように、高速バスが仙台~山形間の輸送のほとんどを担っています。

 JR仙山線は、途中の愛子駅で折り返すものが大半を占め、仙台~山形に直通するものは1時間に1本程度で新型車両E721系4両編成が使用されています。

 ご存知の通り、JR東日本はがんとして乗り心地の良い在来線を造らないので、このE721系も例外なくかっちかちの椅子で耐え忍ぶことになるのです。

 

 それに対し、高速バスは10~15分に1本の割合で出発しており、宮城県庁前を出発すると仙台駅西口、広瀬通を経由して山形へ。山形県庁前や南高校前を経由して山形駅前および山交ビルに到着します。所要時間に変化はありませんが、JR東日本の鉄道に比べれば4列シートの高速バスの方が乗り心地は100倍良いです。

  

 値段もJR仙山線は1166円なのに対し、高速バスは1000円。回数券を買うと850~900円まで下がります。また定期券も発売されており18回すれば元が取れるようになっています。仙台地区のバスICカードは、運航会社によって利用できるものと利用できないものがあるので注意が必要です。

 JR東日本のWきっぷを使えば、バスよりも安価で往復することができますがそんなに変わらない価格で利便性との天秤はまだまだ取れていないようです。

 

 

所要時間が同じで、運賃と本数で勝るとなれば利用はバス一択となってしまい、これは山形のバス会社「山交バス」のドル箱路線になっています。

 

 

 

 

 

 

 

圧勝の理由は経済的な結びつきと寒さとサービス

 経済的な結びつきの強い地域に高速バスを走らせることが路線敷設の原則であるという話は前にした覚えがあります。もちろん経済的な結びつきは必要なのですが、これにプラスして圧勝の理由を言うならば寒さだろうと考えます。

 

 東北地方は積雪が当たり前。そこにE721系のような3ドアは、各駅で扉が開くたびに寒い思いをしなければならないのです。高速バスはクローズドドアシステムで、1時間程度扉は開きません。仙台を出発すれば寒い思いをせずに山形までつれてってくれます。

 そして積雪による運転休止も鉄道ならでは。バスはよほどの事が無い限り運休しませんので、その強さもあるでしょう。

 

 

 そして高速バスでは当たり前となりつつあるコンセント付き座席や、車内Wi-Fiサービスなど在来線鉄道が遅れを取るサービスも付いていますのでそこでも優位性を確保できているでしょう。

 

 

 

 

 

 


東日本大震災の時に大増便。多くの市民を救った路線バス

 東日本大震災の時、仙台は大きく影響を受けました。津波で仙台空港は壊滅状態に陥り、東北新幹線も運休を余儀なくされました。鉄道も線路の確認などで長期間運休が続き、多くの仙台市民や県外の方が足止めをされてしまったのです。

 仙山線も例外ではなく、3月11日から復旧したのは4月4日のことでした。

 

 そんなときにこのバスは大増便をして多くの方を山形に運びました。

 

 これは、仙台空港行の飛行機が臨時で山形空港発着としたことや、山形新幹線が東北新幹線の代替となったことが挙げられるからです。多くの都市機能を一時的に山形へ避難させたため、多くの仙台の方はまず山形へ逃げようということになりました。

 

 山形新幹線は東北新幹線の復旧を待たずして福島~新庄間で折り返し運転をしていたほど、山形は東日本大震災の被害が最小限だったのです。

 

 この仙台山形線は、山形空港へのバスと接続を取るなどの柔軟な対応をすることで多くの方を被災地から脱出させました。震災後もすぐに61往復を再開させるなどの対応をとったのです。

 

 

 

 


まとめ

仙台と山形の移動において高速バスが圧勝している理由は…

 

  • 価格、本数、快適性、サービスのすべての面で鉄道より優位
  • 柔軟な停留所
  • 鉄道より雪に強い

 

でした。またコメントお待ちしております。