· 

大阪から長野に行こうもんなら、金沢経由か名古屋経由か… 北陸新幹線敦賀延伸での変化は?

 大阪から長野に行こうと考えた時、鉄道大国「長野県」さんへの道筋は主に2ルートが考えられます。

 

  •  大阪ー金沢ー長野
  •  大阪ー名古屋ー長野

 

です。

 

 どちらも新幹線をとまあまあ本数がある特急を1回ずつ使うことになるのですが、実際どちらが良いのか… 実は長野へ行ったとき頭を悩ました経験がありますので、今回はこのお話しをしたいと思います。

 

※このコラム公開と同時にこのブログが独自ドメイン化されました!いつもご覧いただきありがとうございます!

 

 

 


運賃と所要時間で比較

 地図で見ると、長野はだいたい静岡と同じ経度にあることがわかります。距離的に一番近いのは名古屋を経由するルートですが、新幹線ではない山中を抜けるので、名古屋から約3時間もの間鉄道に揺られなければならず、金沢を経由するルートと所要時間の差がなくなってしまうのです。

 

 また、新幹線はやはりサンダーバードとは言えおよばず、東京を経由して新幹線のみで行くルートも選択肢としては存在しています。所要時間はかわりませんが運賃が名古屋経由の2倍程度となり現実的ではありません。

2つのルートの所要時間は以下の通りです。すべての電車で指定席を利用し、一般的に自動で割引されるものについても考慮しています。

 

 

 

 


快適性で劣る名古屋ルート。3000円の差は小さい

 名古屋経由にした際、名古屋駅から乗車することになる特急「しなの」号は、山中を通る路線で高速走行を維持できるように、重心を重くしたり天井を下げたりするなどの工夫がされている車両が使用されます。

 

 その弊害で、どうしても座席が他の車両に比べて小さく狭くなっており、圧迫感を感じるものとなっています。開発、導入された当時は画期的な車両とされていましたが、山間部のカーブによる揺れを完全に和らげるというものでもないですし、何より開発から年月が30年近く経過しています。

 新しい車両に比べて快適性に劣るのは言うまででもないと思います。

 

 ですので、快適な「サンダーバード号」や新幹線「かがやき」を利用できる金沢ルートとの3000円の差は想像以上に大きくないとも言えます。

 

 

 

 

 


北陸新幹線の敦賀延伸で金沢経由は45分の短縮に

 現在、北陸新幹線(東京~長野~金沢)は福井県南部の敦賀駅までの延伸が予定されており、その工事が着々と進められています。またその後は2046年を目途に京都・大阪までの延伸計画が存在しており、将来的には新大阪から新幹線一本で長野駅まで行くことができるようになるのです。

 

 

 ただ、近未来の話をすると新幹線が延伸されるのは「敦賀駅」まで。この時のことを考えてみます。

 

画像は延伸する金沢~敦賀区間。関西がぐっと近く見える

 

 

 

 さて、金沢経由での新幹線乗換駅が「敦賀駅」となるわけですが、これにより大阪~長野の所要時間は今よりも45分程度短縮されることが見込まれます。

 

 これは、北陸新幹線の整備効果想定に「富山駅まで大阪から45分短縮される」との記載があり、富山から長野はいまでも新幹線がありますので所要時間に変化が無い事からこの数字を利用しています。

 

 つまり、現状4時間半の所要時間が3時間45分となり、名古屋ルートの所要時間よりも短くなるということになります。ただし新幹線区間が増えるということはその分特急券代が上がりますので、名古屋ルートとの差額は5000円程度に広がると想定されます。

 

 5000円で15分の差を買うとは考えにくく、敦賀延伸でも名古屋ルートが選択肢として残り続けるものと想定されます。乗換が発生しないというのならばともかく、敦賀延伸でも乗換が発生してしまうので仕方無いでしょう。

 

 また、敦賀延伸、その後大阪延伸を果たす頃にはJR東海も「しなの」に使われる車両の交換を行うことが想定されますので、そのころには快適な座席が導入されているのでしょうし、名古屋の方が長野方面に行くときの足として、また中央西線の特急として必要ですので、たとえ大阪延伸をした後でも、名古屋経由は格安の選択肢としてのこるものと思われます。

 

 

 

 

 


敦賀延伸で飛行機が躍進するかもしれない。

 現在、神戸空港から松本空港までの航空路線が1日2便運航されています。料金は1万円を下回ることがほとんどで、運航会社は日本航空とのコードシェアを行うFDAです。

 

 敦賀延伸でJR西日本は確実に長野方面の足として北陸新幹線を推してくるものと思われ、JR西日本の運賃収入が0円となる名古屋ルートの存在感を殺そうと努力してくるでしょう。

 

 そうなると1万5千円にも上る運賃に目が留まり、飛行機ルートに目を付けることが予想されます。現状FDAは格安の値段設定を維持していますので、この需要が高まる事が想像できます。長野駅はJR東日本の持ち物ですので、なかなか共同で値下げ企画切符を販売する事は簡単ではありませんから、このFDA路線が躍進するかもしれません。

 

 

 

まとめ

大阪~長野間の移動で、金沢経由か名古屋経由かどちらを選択するかとしては、

 

  • 現状、名古屋経由の方が安くて若干早い
  • 現状、金沢経由の方が快適に移動できる
  • 北陸新幹線が敦賀延伸した後は、金沢経由の方が早くなる
  • 北陸新幹線敦賀駅経由は運賃差額が大きくなり実用的とは言えない
  • 神戸~松本線の航空機が台頭する可能性もある

 

 

 

といったところでしょう。

 

このブログへのご意見は下のコメント欄からお願いします。

それでは!