東京=山形の移動で山形新幹線と仙山線経由が良い勝負をしている件について

 東京山形間の移動でメインとなるのが、山形新幹線です。ただ様々な要因から、東京から仙台まで東北新幹線、その後JR仙山線に乗り換える事で、山形新幹線に乗車するよりもメリットのある移動をすることができる場合がありますのでご紹介します。

 

 

 

 


山形新幹線「つばさ」について

  山形新幹線は、東京と山形県北部の新庄駅を結ぶ新幹線で、途中の福島までは東北新幹線と同じ線路を走行します。その後福島で別れて日本海側へと進み、山形駅。その後どんどん北上して秋田県手前の新庄駅まで路線が伸びています。途中の山形までの所要時間は約3時間です。

 

 すべて「つばさ」号という名前に統一されており、東海道新幹線のように速達型、各駅型だからといって電車名称がかわることはありません。1時間に1本程度しか運行されていないので、そもそも分ける必要がないというのが理由に挙げられると思います。

 

 そんな山形新幹線ですが、東京と山形を移動した場合の距離は421kmということになっており、これは東京大阪間の600km弱と比べても3/4も短い距離です。なのに所要時間は東京大阪の2.5hよりかかってしまっているのです。ということは満足にスピードを出す事なく山形まで走行するということになります。

 

 

 

 


ミニ新幹線だから遅い

 山形新幹線は「ミニ新幹線」という形式が採用されています。ミニ新幹線とは、在来線に新幹線車両が入れるように整備して新幹線を直通させるというものです。山形新幹線は途中の福島駅からJR奥羽本線に直通して山形方面に向かいます。

 近鉄と阪神、JRと相鉄が直通するときに、阪神や相鉄がめっちゃ工事したように、JRは奥羽本線をめっちゃ工事して直通運転をさせたのです。

 

 

 つまり福島~山形間は在来線特急として運転するため、途中に踏切だってありますし、新幹線が通れるように整備したといったって在来線基準のきついカーブや坂道があります。

 このため最高時速が130kmに制限されており、これは関西の新快速や関東の常磐線とかわらない速度なのです。

 

 

 

 


東京=福島間も準急タイプとして走る

 前述で福島以北の速度が遅い理由を話しました。では福島以南ではどうでしょうか。最高時速320kmの東北新幹線と合流するわけですからそれなりにスピードをだしてくれそうなものです。

 

 残念ながらそうはいかないようです…

 

 というのは、1日数本のみの速達タイプを除き、多くの山形新幹線は「やまびこ」号と連結をして走行するためで、福島駅で連解結を行って長い両数となり東京方面に攻めていくのですが…

 

 

 

 

 

 このやまびこ号、東海道新幹線でいう「ひかり」にあたる中途半端な立ち位置のやつでして、ようは準急タイプなのです。「のぞみ」にあたる速達タイプは「はやぶさ」という名前でして、これは福島駅を通過するために、次に早いやまびこと連結しているという訳です。

 

 このため福島から先も郡山、宇都宮、大宮、上野…と停車していきます。さすがに各駅停車ではないのが不幸中の幸いといったところです。ただし郡山や宇都宮などでは、後発の速達タイプにばんばん抜かされますので、またそこで停車時間もかさんでしまいます。

 

 実はそんなこんなで元から速度がだせないとわかっている山形新幹線の車両は、最高時速が270kmしか出ないようになっており、そもそも320km/hで走ることはできません。

 

 

 

 

 


仙台市と山形市はお隣さん。

 これまで、山形新幹線「つばさ」が遅い理由を書きましたが、ではJR仙山線を使うルートが速い理由は何でしょうか?

 

 JR仙山線を利用するルートでは仙台で乗り換える必要があります。仙台はすべての新幹線が停車する大きな駅で、速達タイプの「はやぶさ」を利用することが出来ます。東京、(上野)、大宮の次はもう仙台に停車するのです。

 

 そして仙台市と山形市はお隣さん。所要時間も少なく、JR仙山線は途中の愛子(あやし)駅までしかいかないやつも多いので列車本数に難ありですが、山形新幹線も本数が少ないのでそれは気になりません。

 

 また、仙山間の移動はJRよりもバスが主流になっており、今回は仙台からバスで向かった際の所要時間も比較対象にしてみようと思います。

 

 

 

 


東北新幹線と高速バスによる本数の暴力に負ける山形新幹線。

 

 この図をみると、単純な所要時間はあまり変わらないということがわかります。ただし山形新幹線とJR仙山線に比べて、東北新幹線と仙山間の高速バスは本数の暴力があるので、20時に東京駅を経つと考えても、山形新幹線は40分来ませんので、この間に山形へ先回りすることが可能という… 

 

 新幹線がバスに負ける面白い構図となりました。もちろん同時に出発だと負けてしまうのですが、その差は15分… なかなか面白いですね。

 

 

 


まとめ

 山形新幹線が遅いのは…

 

  • 福島以南も準急型と接続してこまめに停車すること
  • 福島以北はミニ新幹線で速度が遅いこと
  • 場合によっては仙台経由で向かう方が早く到着できる

 

 

でした。またコメントでみなさんのご意見を聞かせてください。

 

 

関連ブログ